金利と返済はキャッシングを利用する上で注意せよ

キャッシングする上で注意するべき金利と返済

キャッシングするときはカードローンの良いところばかり見てしまうものですが、悪いところもしっかり見ておかなければいけません。
たとえ50万円ぎりぎりまでしか借りられないとはいえ、50万円まで借りてしまえば返すのはとても難しいです。
それにともなう金利も18%ほどあるので、全部返したときには総額100万円を超えてしまっていた、なんて話もあります。
そこでここでは、キャッシングの利用をする上で注意するべきことに触れます。


キャッシングの金利を見るときの注意点

カードローンなどの少額キャッシングを利用する時は、金利はほぼ上限のほうだけ適用されると思ってください。
貸金業法では、キャッシングする金額によって金利の上限も決まっているのですが、100万円未満の場合は15~18%程度に収まってしまいます。
ですから、低いほうの数字ばかり見て会社を選ばないように注意してください。


返済方法もよく確認しなければいけない

カードローンの場合でも、翌月一括払いとリボ払いがあります。
少額なら一括で返すことで最小限の利息で済みますが、リボ払いとなると返済する回数が増えるので利息も少しずつ膨らみます。
「一括で返すのも分割で返すのも一緒じゃないの?」と思ったら大間違いで、返済が長引けば長引くほどその合計額は上がっていくようになっています。
これが貸金業の上手いやり方なのですが、法改正前はこれが露骨すぎたために印象が悪かったというわけです。
法改正されて以前よりも自己破産する利用者は大きく減りましたが、それでもまだ多重債務をしてしまう方はいます。
そうならないためにも、金利と返済には細心の注意を払いましょう。

Posted under キャッシング大全